牛肉豆知識

牛肉に含まれる「アラキドン酸」ってなに?

牛肉には、「アラキドン酸」が多く含まれております。この「アラキドン酸」は、必須脂肪酸のひとつで、摂取することにより脳の活性化に役立つといわれています。もうもう亭の焼肉を食べて、元気モリモリ、スタミナをつけましょう。

幻の部位ミスジとは?

一頭からとれる量が少なく、肉質が良いために焼肉メニューとして目にする事が少ないかも知れません。

舌触りが上品なザブトンとは?

サシはありますが、後味にいやみがなく、上品でとろける食感とコクのある味わいを楽しめます。特上カルビでご提供しています。

牛の部位紹介

牛の部位紹介

リブロース

  • 最も厚みのあるロース部分のことで、霜降りになりやすい部位です。きめが細かく肉質も良いです。
  • ステーキ・すき焼・しゃぶしゃぶ・ローストビーフなど

サーロイン

  • 背中のリブロースからももに続く部分の肉です。きめが細かく、柔らかで、肉質は最高で、ステーキにも最適です。
  • ステーキ・すき焼・しゃぶしゃぶ・ローストビーフなど

ヒレ

  • きめが細かく、柔らかな部位です。脂肪が少なく、ステーキやビーフカツなどの焼き物や揚げ物に最適です。
  • ステーキ・ビーフカツなど

肩ロース

  • やや筋が多いのですが、適度な霜降りがあり、風味のよい部位です。
  • しゃぶしゃぶ・すき焼・焼肉・ステーキなど

肩バラ

  • ろっ骨の外側の部分で、赤身と脂肪が層になり、きめが粗く、硬めの肉質です。
  • 上カルビ・角煮など

ともばら

  • 肉質は肩ばらとほぼ同じで、霜降りになりやすく、濃厚な味です。
  • シチュー・煮込み・カルビ焼きなど

このページの先頭に戻る

Copyright © moumoutei., All rights reserved.